男の更年期障害

男の更年期障害の症状を知る

女の人特有の病気だなんて思われたりもしてるのが「更年期障害」だけど・・・。
実は、男の更年期障害っていうのもちゃんとあるんだよね!!
男性ホルモンの減少っていうのが、原因で40〜50代の男性に起こるそうだよ。
男の更年期障害が起こる原因ってなんだろう??
急激な変化が、閉経などによって起こるとされるのが女性のケースだけど。
もちろん、閉経っていうのが男の人にはないよね(*_*;
環境の変化とか、精神不安定、男性ホルモンが低下するってことが、男の更年期障害に原因となるそうだよ!!
二人だけの生活っていうのが、子供の自立でなったり、リストラの不安とか仕事へのストレスなど・・・。
慢性的に変化が続くっていうのが、女の人とは違って、男の更年期障害ではみられることが多いみたい((+_+))
二極化してる病気で、男の更年期障害になりにくい人、なりやすい人といるようだよ。
男の更年期障害になりやすい人っていうのは・・・。
責任感が強いとか、几帳面だって人は気をつけたいものだね(−−〆)
マイペースでおおらかだって人は、反対に男の更年期障害になりにくいってわけ!!

男の更年期障害になったら

3つの症状があるのが、男の更年期障害なんだって。
「性機能障害」と、「精神面」、そして「身体面」なんだそうだよ・・・。
色々な症状が起こる男の更年期障害でね(−−〆)
動悸とか、冷え、のぼせ、火照りなどといったものが血管運動神経症状ではみられるみたい((+_+))
知覚が鈍くなるとか、しびれってものが、知覚異常症状ではみられたり・・・。
他にも、関節痛とか筋肉痛、肩こりってものが、運動器官症状であるようだし。
口の中が乾燥するとか、発汗といったものが、分泌・皮膚系の症状。
腹痛とか便秘、食欲不振といったものは、消化器症状だね(−−〆)
倦怠感っていうだるい感じは全身症状・・・。
尿の勢いが悪くなったり、残尿感や頻尿っていうのが、泌尿器系の症状なわけで。
呼吸困難とか不安、耳鳴り、めまい、頭痛、睡眠障害といったものは精神神経症状であってね。
EDとか、朝立ちが減るとか、性欲がなくなるとったものが、性機能の症状になるんだって。
男の更年期障害が分かりづらい背景には、症状に個人差が大きいってことにあるようだよ(+o+)

男の更年期障害になる原因を知る

何が原因で男の更年期障害っていうのは起こるんだろう・・・。
ホルモンのバランスが崩れるってことが考えられるもので、女の人の更年期障害と同じなわけだね!
とはいっても、ホルモンって色々あるんだよね(*_*;
ホルモンっていうのは・・・。
体液の血液なんかを通して、分泌とか生成されるというもので。
内分泌っていうふうに、体の中に分泌されることから呼ぶそうだよ〜。
「テストステロン」って呼ばれる清掃ホルモンが、男の更年期障害にどうやら関係があるみたい((+_+))
元々持ってるものなんだけど・・・。
歳をとると、どうしても減少するのがホルモンの分泌とか生成ってやつだね。
そして、悪影響が精神的にも身体的にもおこってくるわけ(+o+)
テストステロンレベルっていうふうに表すことのできるホルモンの分泌量でね・・・。
男の更年期障害の始まりは、レベルが低下したことでもあるんだよね〜。
ストレスも、男の更年期障害には大きな関係があるみたい((+_+))
そして、重度なものとすることが、ストレスでは影響するようだよ!!

うつ病と男の更年期障害の関係は

密接な関係にあるのが、うつ病と男の更年期障害なんだって!!
しかも、長引くっていうのが、男の更年期障害によるうつ病みたいだよ(+o+)
お腹周りも太くなったり、だんだん足とか腕の筋肉も細くなるとかが40代を過ぎると起こってくる変化でね。
自信がなくなることが、今まで仕事をこなしてきた人とか、スポーツマンである人にはみられるようだよ・・・。
男の更年期障害の症状であることがあるみたいだから、体の変化に気がついたときには疑ってみよう!!
体がなまっちゃったり、気持ちも下っちゃうようなことが、今まで自信を持っていた人に起こると・・・。
忍耐力とか集中力が低下することも(−−〆)
頑張ることができなくなるという「うつ病」を発症することもあるみたい!!
どうやら、自身をなくすのは、過去の自分と比較することで起こってくるものなわけで・・・。
だんだん、自分を責めるようなこともあるようだよ。
昼間眠くなるってことが、夜眠ることができない不眠症になると起こるものでね(−−〆)
うつ状態が長く続くことになるのが、男の更年期障害によるうつ病ってことで対処を考えていく必要がありそうだね!!

男の更年期障害によるうつ病になったときには

身体にも異変が起こるのが、うつ病でものでね・・・。
うつ病の原因としては、脳から起こるものと精神的なものと来るようで・・・。
症状の程度って人によっても違うものだね〜。
男の更年期障害でうつ病となる人も少なくないみたい((+_+))
単なる精神的な病気ではないってわけ!!
脳内神経伝達物質の乱れも、きちんと薬を飲むことで良くなるんだって。
うつ病に大切なのは、ゆっくり休むってことと、処方された薬を正しく飲むってこと☆
そして、自分のペースで治療を進めていくってことで、焦らずに行いたいものだね!!
自分に自信が持てないっていうのは・・・。
うつ病によるもので、衰えてしまったからではないってことなんだって。
温かく見守ってもらえるという、周囲の環境も大切なことのようだよ!!
男の更年期障害って、どうやら長引きやすいものみたいだし・・・。
何よりも、家族の人の理解っていうのが大事なんじゃないかな??